home >>スタッフ


RYUGI フィールドテスター

通称キムケン。
琵琶湖を中心に、取材では全国各地を飛び回り、本場アメリカのトーナメントにも参戦するグローバルアングラー。
シャローカバーゲームを中心としたストロングスタイルを得意とし、その爆発力は刺激的で、他を魅了する。
琵琶湖で開催されるトーナメントでは、優勝/入賞多数。
今後、ますます活躍の場を広げる彼の動向は、目が離せない。

RYUGI フィールドスタッフ 木村建太
RYUGI フィールドスタッフ 木村建太
RYUGI フィールドスタッフ 木村建太 RYUGI フィールドスタッフ 木村建太

通称オリキン。
関東屈指のハイプレッシャーレイク亀山・高滝ダムを中心に活躍する、ローカルアングラー。
精密機械のような精度で繰り出されるその釣りは、フィネス~ストロングなスタイルまで幅広く、プレッシャーをものともせず、目を見張る釣果を叩き出す。
ローカルトーナメントの優勝経験が豊富であるのも、うなずける。

RYUGI フィールドスタッフ 折金一樹
RYUGI フィールドスタッフ 折金一樹

琵琶湖を拠点とし活動する、プロアングラー。
スーパービックフィッシュのみに的を絞ったスタイルを信条とする。
リスクを背負い、ゼロを覚悟で積み重ねる。それでもなお折れない心が、彼を狙う魚に辿りつかせてきた。
おびただしい数のスーパービックを獲ってきた、彼の経験に裏打ちされた力は、他に類を見ない。

RYUGI フィールドスタッフ 山田裕五 RYUGI フィールドスタッフ 山田裕五
RYUGI フィールドスタッフ 山田裕五 RYUGI フィールドスタッフ 山田裕五

通称エグシュン。
日本最高峰のトーナメント/JB TOP50シリーズに参戦するトップトーナメンター。
トーナメントのみならず、全国のフィールドをオカッパリ、ボート問わず駆け巡る彼。
その釣りの引き出しの幅の広さ、道具に関する思考の深さには、目を見張るものがある。
ラフな見た目とは裏腹に、内に秘めたるアツい闘志を燃やし、日々精力的に活動を続けている。

RYUGI フィールドスタッフ 江口俊介 RYUGI フィールドスタッフ 江口俊介

JB最高峰シリーズに参戦する、トップトーナメンター。
日本屈指のでかバスリザーバー、池原・七色を有する下北山で生まれ育ち、現地でガイド業を営む。
フィールドに通い尽くし得たスキルで、圧倒的な釣果を叩き出す。
現地で開催される大会での優勝・入賞は数えきれない。
他の追随を許さないその力は、“レジェンド”と形容される程である。
近年は得意とするリザーバーのみならず、各地の様々なフィールドにも活躍の場を広げる。

RYUGI フィールドスタッフ 山岡計文 RYUGI フィールドスタッフ 山岡計文
RYUGI フィールドスタッフ 山岡計文 RYUGI フィールドスタッフ 山岡計文

オカッパリ~ボート、トーナメント~ファンフィッシングまで、様々なスタイルで全国の水辺を駆け巡る、燃える爽やかアングラー。
もはや変態的ともいえるバスフィッシングへの熱い愛をエネルギーに、行動し、考え、蓄積した理論は独特で、目の覚めるような結果と共に我々を驚かせてくれる。
日々進化を遂げる彼の行動は、注目しておいて損は無いだろう。

RYUGI フィールドスタッフ 伊藤巧 RYUGI フィールドスタッフ 伊藤巧

新進気鋭の若手アングラー。
2015年、弱冠23歳にしてJB TOP50へ昇格。同年、大逆転劇でジャパンスーパーバスクラシック優勝し、衝撃を与えた。
強靭な精神力と物怖じしない性格を持ち、大舞台であってもストロングスタイルでビッグバスをもぎ取る。
その力はハイプレッシャーで有名な東条湖でさえ、ストロングスタイルでハメてしまう程。
ホームレイクの環境から、サイトフィッシングにも長ける。
今後の成長に、大いに期待したい。

RYUGI フィールドスタッフ 三原直之 RYUGI フィールドスタッフ 三原直之

琵琶湖にてガイド業を営みながら、JB TOP50にも参戦するマルチアングラー。
その実力は折り紙付きで、ガイドではビッグバスを魅了し、トーナメントではビッグタイトルでの優勝・入賞経験多数。
優しい見た目からは想像も出来ないメンタル力と、状況へのアジャスト能力が高く、複数日開催の大会において、2日目以降成績が伸びる傾向にある。“まくりの市村”と呼ばれる由縁は、ここにある。

RYUGI フィールドスタッフ 市村直之 RYUGI フィールドスタッフ 市村直之

古くから日本のバスフィッシングを牽引して来た、誰もが知るベテランアングラー。
国内、そしてアメリカを舞台として活動。長年の経験に裏打ちをされた揺るぎないバスフィッシングの理論を基に、マイゲームを展開する。
ベテランながら未だに週何日もの間フィールドに立ち続け、進化を続ける氏。その輝きは年々失われるどころか、さらに明るく輝きを増す一方だ。


RYUGI ディベロプメントスタッフ

RYUGIディベロップメントスタッフ。
池原・七色ダムに代表される紀伊半島のリザーバーを中心に活動する、リーマンアングラー。
2010年にRYUGIブランドを旗揚げし、処女作≪ピアスフック≫≪フォグショット≫をリリース。 以後、各アングラーの意見を吸収しつつ、より良いアイテムの研究・開発に励む毎日。

RYUGI 開発スタッフ 宇田智 RYUGI 開発スタッフ 宇田智

RYUGIディベロップメントスタッフ。
淡路島出身で、幼いころより淡路の野池群で腕を磨く。
現在は島を離れたものの未だに淡路に通い込み、その野池の把握数は数知れない。
野池に特化したストロングスタイルで、人とは違ったアプローチでバスを仕留めてゆく。
オニちゃんの愛称で知られる、新進気鋭のオカッパリアングラー。

RYUGI 開発スタッフ 山本訓弘 RYUGI 開発スタッフ 山本訓弘